《 宮城峡 マンサニーリャウッドフィニッシュ 》


創業者、竹鶴政孝が異なる個性を生み出す風土を求めて選んだ、杜の都 仙台。華やかで軽やかな味わいのシングルモルト宮城峡を、シェリーのひとつであるマンサニーリャ樽でさらに熟成させることで、まろやかな甘さとやわらかなビター感が調和した味わいを実現しました。ドライアプリコットやサルタナレーズンのようなドライフルーツと、ココナッツやミルクチョコレートを思わせる甘い香り、甘みのあるやわらかな味わい。樽の少しほろ苦い余韻が特徴です。

(裏ラベルより引用)